外壁塗装のポイントをご紹介!

外壁塗装で大切なポイントは、信頼できる業者さんを選定する事と、塗料の種類を選ぶ事でしょう。
塗られた塗膜には、その塗料の種類によって耐用年数が異なるため、単に塗料の値段ではなくコストパフォーマンスを考えて選定する事が重要です。
また、近年では夏場の室内温度を2℃程度低く抑える事ができる遮熱塗料や、外壁を汚れにくくする機能を有する耐汚染性能が高い塗料等の機能性塗料も多種類あり、業者さんと相談の上、自分のニーズに合った塗料を選定する事も可能です。

外壁塗装は塗料選びがポイント

外壁塗装は塗料選びがポイント 外壁塗装を行う際に重要なポイントは、信頼できる業者さんにお願いし、その業者さんと相談して塗料の種類を適切に決める事が重要なポイントと言えます。
外壁塗装は、クラックが入ったり、塗膜表面の撥水性が劣化し、雨水が侵入して住宅の躯体を腐食させたり、シロアリを発生する危険から住宅を保護するために重要なリフォームで、定期的に行う事が必要なのです。
この外壁塗装が劣化するまでの耐用年数は、塗料の種類によって異なり、塗料に費用が安くても、その耐用年数が短ければ、何度も塗り直す事が必要となり、結局高くつく事になる可能性が大きいのです。
耐用年数が最も短いのはアクリル系で4年程度、最も耐用年数が長いのがフッ素系で18年程度と言われており、最もよく使用されているのは、コストパフォーマンスが良いシリコン系で、この塗料の耐用年数は13年程度となっています。
耐用年数と付加機能性を考えて塗料の種類を選定する事が重要です。

外壁塗装の塗料は目的に応じて選ぶ

外壁塗装の塗料は目的に応じて選ぶ 散歩などをしていると、前からあった一戸建ての家の外壁の色がいつの間にか変わっていて、ちょっと驚くことが最近多いです。外壁塗装をする家が増えてきたようです。
さてその理由はなんなのでしょうか?
近隣の家を見ていると、外壁塗装を定期的に行う家と、そうでない家があるように感じます。
そもそも外壁塗装をする理由はなんだろうかと考えると、これは家の寿命を延ばすためと言っていいと思います。
確かに外壁の色が明るくなったり新しくなると、雰囲気が変わりますから、見栄えをよくするために行うこともあるでしょうが、大きな目的は雨風の侵入を防ぎ、家を外敵から守ることです。
一般的に家の寿命は3、40年といわれていますが、外壁の塗装を定期的に行わないとこれが短くなってしまいます。
家の寿命を短くしてしまう外敵には雨、風の他には太陽の光(紫外線)もあります。これらに対応する外壁塗料が存在します。
セラミックやフッ素、シリコンを配合した断熱効果、遮熱効果が期待できるものや、最近では光触媒塗料と言って、紫外線のの力で汚れを分解し雨で洗い流すというものもあります。
お住まいの地域が日照時間が多かったり、強烈な太陽の日を浴びるところでしたら遮熱効果塗料を選ぶべきですし、冬場は暖房で暖めた熱を逃がしたくないから断熱効果が高い塗料を選択するべきです。
また使用する塗料は、含有する成分や塗料が持っている性能によってかなりの価格差がありますから、雨・風を防ぐとともに、自分の家には他にはどんなことから守る必要なのかをはっきりとさせてから塗料選びをしましょう。

外壁塗装で注意したい住民トラブルについて

外壁塗装は約2週間にわたる屋外作業なので、住民トラブルについて気をつける必要があるのではないでしょうか。外壁塗装の住民トラブルで多いのは塗料の飛び散りで、飛散した塗料が車や住宅に付着するケースです。
これは飛散防止の対策を行うことで回避な問題ですから、対策をしっかり行っている業者を選ぶのが正解となります。
もう1つのよくあるトラブルは騒音で、作業中に発生する音が不快に感じられることが注意点となります。音は主に作業の足場の組み立てと解体、作業において飛び交う大きな声が騒音と認識されやすいです。足場は外壁塗装に必要不可欠なので避けられませんから、時間帯を考慮したり、極力うるさくしないように業者に配慮してもらうのが無難です。
声も意思疎通を図るのに欠かせないので、近づいて話をしてもらったり、無線を使うなどの工夫による対処が必要になります。
外壁塗装は結局のところ、どの家庭も約10年に1回は行うものですから、お互い様の精神でお互いに許容する心が大切ではないでしょうか。

外壁塗装を実施する場合は景観の調和も大切なポイント

外壁が古くなると塗料の機能も衰えるので、再塗装が必要になります。 外壁塗装を実施する場合は、周辺住宅とのバランスや景観の調和も大切なポイントです。
外壁塗装では目的に合う塗料を使いますが、塗膜が劣化すると防水性などの機能が衰えます。 防水性が衰えると水漏れのリスクが高くなり、木材の腐食が進むと改修費用が高額になります。
髪の毛のように細く割れている部位や色褪せが目立つ部位を見つけた場合は、外壁塗装のタイミングが来ているサインです。
塗装会社に連絡すると外壁を丁寧に調査して、報告書と見積書を提出してくれます。 契約を結び工事が始まる前に細かい打ち合わせを行い、要望がある場合は全て伝えます。
外壁塗装では色選びも大切で、周辺の住宅との調和も踏まえてバランスの取れた塗装を実施します。 多くの塗装会社が自社の保証サービスを用意しているので、保証内容にも全て目を通して不明な点がある場合は説明を受けてから契約を締結します。

外壁塗装は選択次第で虫害隠避効果に期待できる

外壁塗装は建物全体の印象、魅力に関わるもので大事なことですが、意外にも虫害隠避効果にも期待できるのではないでしょうか。
外壁塗装といえば塗料の選択ですが、機能性だけでなく色の選択肢も多く自由に選べるメリットがあります。虫は花や草に近い色、具体的には黄色やオレンジに緑といったものに惹かれやすいです。
特にハッキリとした色は虫を引き寄せやすいので、外壁塗装においては可能な限りなるべく避けるのが無難です。虫害隠避効果に期待したいのであれば、紫外線を反射しにくい黒やグレーなどが狙い目です。
虫は紫外線にも引き寄せられるので、光を反射してしまう白や青もNGとなります。ブラウンも紫外線を反射しにくいですから、外壁塗装の選択に向いているといえます。
ただ虫によって好みはそれぞれ異なるので、完全に遠ざける色が存在しないことは留意すべきですが、それでも黒やグレー、ブラウン系を軸に検討する価値はあるのではないでしょうか。

外壁塗装で気をつけたい健康被害についてのポイント

外壁塗装では塗料を使用することから、少なからず健康被害に関しての懸念があるのではないでしょうか。健康被害を気にする必要があるのはいわゆる油性の塗料を使う場合で、気化する溶剤を吸い込まないように注意することが求められます。
気になるニオイもありますが、やはり吸い込むことで発生する頭痛、気分の悪さなどが問題です。外壁塗装を相談したり依頼する場合は、溶剤を含まないタイプの塗料を選択するか、揮発性が少なく安全性が高いものを選ぶことをおすすめします。
また外壁塗装の工事中は窓を開けないこと、換気扇も極力回さないようにする必要があります。換気は必要ですが塗料から揮発する溶剤は有害なので、工事の進行など状況を見ながら、窓開けや換気扇の使用を判断することが重要です。
当然ですが、外壁塗装による健康面の影響は住民だけでなく、近隣の人達にとっても無関係ではないので、工事の前に注意喚起を含めて伝えることが大事ではないでしょうか。

大規模修繕工事の目的と外壁塗装の意義と大切さ

大規模修繕工事はマンションの資産価値と安全性を担保するため行なわれる工事のことです。マンションは建築基準法に定められて建てられているため最低限の基準は維持されていますが、年月とともに劣化が進みます。
不具合や傷んだ箇所をそのままにしておくと安全性や快適性に影響し資産価値が損なわれるため、修理したり部材を取り替えることでできるだけ建築当初の水準にまで近づけます。
このなかでも外壁塗装は外観を左右するだけでなく、建築物の耐久性が損なわれるのを防ぐという大切な役割を果たします。
外壁塗装工事の流れですが、まず足場を組むことから始まります。次にひび割れた箇所や浮き上がったタイルがないかどうかを確認し、問題があれば補修します。
そして外壁のつなぎ目のシーリング材を新しくすることで気密性を高め雨水などの侵入を防ぎ塗装を施します。外壁塗装の役割は美観を保つことと構造体を守ることにあるため、下地と塗料がしっかりと接着しているかどうかが重要です。
このため接着が確かな場合は塗料を上塗りしますが、接着力が落ちている場合は塗料を除去してから塗り直します。

外壁塗装関連のおすすめリンク

外壁塗装、屋根などの外装リフォーム会社のサイト

外壁塗装 杉並区

新着情報

◎2022/11/1

情報を更新しました。
>外壁塗装で注意したい住民トラブルについて
>外壁塗装を実施する場合は景観の調和も大切なポイント
>外壁塗装は選択次第で虫害隠避効果に期待できる
>外壁塗装で気をつけたい健康被害についてのポイント
>大規模修繕工事の目的と外壁塗装の意義と大切さ

◎2021/2/4

専門店が足場を設置します
の情報を更新しました。

◎2020/10/6

外壁の状況によって行う
の情報を更新しました。

◎2020/6/17

外壁塗装業者を見つける方法
の情報を更新しました。

◎2020/2/27

複数の作業工程が重要
の情報を更新しました。

◎2018/12/12

外壁塗装の予算
の情報を更新しました。

◎2018/8/6

色のイメージチェンジが出来る
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

メリットがある外壁塗装
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

タイル調の外壁塗装のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

セラミックシリコン
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイトを公開しました

「外壁 塗装」
に関連するツイート
Twitter

外壁塗装工事終わって、なんか注文住宅みたいな感じに綺麗になった。 今回仕事お願いして、やってくれた職人さんは上手いのではないかと思う。

返信先:水回りと外壁リホームではかなりリフレッシュされるね!外壁塗装などは空気の乾燥した、天気の安定した時期にやるといいよ。あと水回りは流行りの自動水栓は交換する時ビックリするほどお高いのでオススメしないよ!

ちょうど築10年ほどだからか外壁塗装屋さんが次から次へと。 そろそろ検討時期ではあるんだろうけど、悩ましいなぁ。 ちなみに同じタイミングで建てられた近所の家々で施工してるのが2軒。まだ少数派だなぁ。

従姉妹のお家🏠が外壁塗装するって言ってたけど、梅雨入りしてしまって、雨☔️続きで塗装しにくいのではないかなぁと思っている。もっと早く始めればいいのにね。塗装するには時期が悪すぎる。そろそろキッチンやお風呂もやっておくべき時期だし、どこまでやるのかメールしても返事が戻らない。なぜ?🫠

札幌市南区南沢2条3丁目12-19 S邸【外壁・玄関ドア】UVクリア塗装しました。 ⇒ より